Artists Introduction

profile


プロフィール

1962
北海道常呂郡佐呂間町生まれ、その後千歳市に移り小中高を千歳市で暮らす。
1981
北海道造形デザイン専門学校グラフィックデザイン科入 学,
1983
卒業。福祉施設職員、CM制作会社に勤務。
1992
フリーになり、同年、PORO.B.C.S札幌営業所の専属デザイナーとして、ロゴデザイ ン、Tシャツやポロシャツなどのカットソーデザイン、プリントデザインを手掛ける。
1993
滲み画の原形が生まれ墨遊家として歩みだす。
1994
滲み画の 技法を確立、日本の新しい墨絵としてNHKに出演。
1996
現代墨絵作家として本格的に活動を始める。現在、安保真の作品は今や世界の美術界から高い評価 を得、国内では百貨店やギャラリーを中心に企画展が開催され、また海外の数多くの国際芸術祭から招待を受けるなど、現代墨絵作家安保真のアイデンティティ は世界へと広がりを見せています。


主な受賞歴

1995 北海道書作家協会〈第10回書作家展)奨励賞
1996 東京国際美術協会(第19回国美芸術展)秀作賞
2002 サオバンアート(第1回タ ロットデザイン賞)グランプリ
2007 全国染職連合会(第11回全国きものデザインコンクール)日本絹業協会賞
2007 朔日会(第76回朔日会展)入 選
2010 欧州美術クラブ(第11回日本フランス現代美術世界展)日本フランス現代美術世界展賞
2013 雪梁舎美術館〈第15回雪梁舎フィレンツェ賞 展)入選 など他多数。


主な活動歴

1995 (阪神淡路大震災アートボランティア)神戸
1997 (街角キャンパス仕掛け人展)札幌芸術の森
1998 (梟と森展)三越スカイギャラリー千歳
1999 (森の仲間たち)’00’07北見東急百貨店
1999 (北のデザイン展)北海道立近代美術館
2001 (北海道黒松内町成人式講演)黒松内町
2001 (サッポロ コミュニケーションアート フェスティバル企画)札幌芸術の森
2001 (ソウル国際芸術祭、招待)’07韓国
2001 (フィンランド国際芸術祭、招待)フィンランド
2004 (滲み画展)’05’07大丸百貨店神 戸店
2004 (安保真展)’05’06’07’11’12加西ふく蔵
2007 (安保真展)tv.asahi企画東京六本木ヒルズ
2008 (安保真ふ るさと展)~佐呂間
2008 (安保真展)’09’12’15札幌三越
2010 (欧州美術クラブ.第41回国際フランス美術賞展)フランス’11(第 12回日本フランス現代美術世界展)・・・・         東京’11(第43回メキシコ美術賞展)メキシコ推薦出展
2012 (NEWYORK ART EXPO 2012) アメリカニューヨーク出展


サイトの運営について・・・・・・・

当サイトの運営管理をさせて頂いています相田屋本舗管理者です。このサイトは現代墨絵作家安保 真氏の許可を頂き運営しています。掲載作品の順番・一言など管理者の主観が強く出ていることが有りすみません。


掲載作品について・・・・・・・・・

著作権
本ウェブサイトに記載の情報、および、作品の著作権は安保 真氏に帰属します。
著作権表示 Copyright(c) ambomakoto . All rights reserved.
免責事項 弊社は、本ウェブサイトへの情報掲載にあたって細心の注意を払っておりますが、その内容に誤りや欠陥があった場合にも、いかなる保証もするものではありま せん。本ウェブサイトをご利用いただいたことにより生じた損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、本ウェブサイト上の情報は、予告なく変更または削除する場合がありますので、あらかじめご了承ください。


 

管理者からの一言・・・・・・

今まで作品を拝見させて頂く事はありましたが、今回WEBギャラリーを開設させて頂くにあたり、先生の作品と多くの時間を共有出来た事に感謝の気持ちで一杯 です。また最初の頃は漠然と「凄いな」「格好いいな」と力強く感じていました、しかし最近感じるのは先生の作品は非常に流動的で、気持ちが落ち込んでいる 時は暖かく見守ってくれ、また勇気付けて欲しいときには、そっと背中を押してくれる、ときには厳しささえ感じられました。(作品に対しての想いは個人により異なります。)この企画を経て自分の人生に「よき出逢いを」頂きまた大切な「守護神」に「めぐりあい」ました。そんな作品を一人でも多くの皆さんに感じて頂ければと思い相田屋本舗として現代墨絵作家・安保真氏を紹介させて頂きます。

相田屋本舗 管理者より